本文へスキップ

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは経営者の哲学>中途採用で即戦力になる社員を見つけ出す面接方法

中途採用で即戦力になる社員を見つけ出す面接方法HEADLINE

お店(企業)が成長するためには少しでも良い人材を獲得し”人財”へと成長させていくことが求められています。そのためには面接でいかに相手のことを知ることが出来るかが重要になってきます。
お店(企業)にあった人材を見つけるための面接の仕方を紹介しています。
参考にしてみてください。

●簡単に自己紹介をしていただけますか?
質問の意図
面接の場では応募者が自由に話せる時間は意外と少ないため、まずはじめに簡単な自己紹介をしてもらうことにより、一問一答では分かりにくいプレゼン力を見る事が出来る。相手の目を見て感じよく伝えられているか、はじめて聞く人にとって分かりやすい内容になっているか等を確認する。

〈前職の仕事の確認〉
●以前はどんな仕事でしたか?
●仕事の内容は?
質問の意図
仕事内容を理解しているかの確認

●前社の達成目標は何でしたか?
質問の意図
目標を理解しているかの確認

●目標を達成のために前社はどんな取り組みをしていましかた?
質問の意図
理解しているかの確認

●ご自身はどんな事をしていましたか?
質問の意図
行動力があるかどうかの確認

●その目標を達成するために一番大変だった事は?
●なぜ大変だったのですか?
●どう乗り越えていったのですか?乗り越えれなかったのはなぜですか?
●上司や先輩、同僚とのコミュニケーションを円滑にするために何が最も大事だと思いますか?
質問の意図
人間関係を円滑にする上で何を大事だと捉えているか応募者のポリシーや考え方を知るための質問。その考え方が会社の社風と合うかどうかの確認。特に管理職になる人材であればこの考え方がマネジメントスタイルにも影響する。


●前職の上司や先輩はあなたのどのような点を評価していましたか?また反対にどのような点に物足りなさを感じていましたか?
質問の意図
コミュニケーション力が高い人は他者から見られる自分を意識しているものです。他者からの評価を具体的かつ客観的に捉えられているかを確認


●もう少し○○さんについて知りたいのですが、プライベートの友人はあなた自身の事をどう思っているのでしょうか?
質問の意図
”プライベートの友人は”と聞くことがポイント。この質問の前に”前職の上司からはどう思われているか”を聞いておくと、更にこの質問の際に応募者の素が見えやすくなる。ただし、なぜその質問をするかと思われないように


●仕事仲間で苦手な人はどんなタイプですか?また、苦手な人と仕事をする時あなたはどのように対応しますか?
質問の意図
苦手なタイプを聞くことでコミュニケーションの傾向を知ることが出来る。また私情に関係なく人付き合いが出来そうか、仮に人間関係が上手くいかないときに修復する力がありそうかを確認するため


●物事に取り組む時一人とチームどちらが好きですか?
質問の意図
コミュニケーションに対して積極的なタイプなのか反対に消極的なタイプなのかを把握する事に役に立つ質問


●さきほど一人(チーム)と回答されましたが、それはなぜですか?
質問の意図
質問に対する回答に対して「なぜ?」と聞く事で論理性を確かめられる、「回答」と「理由」に整合性があるかを確認する


●これまでの仕事で高い満足感を感じた瞬間は?
●これまでの仕事で挫折した事は?その時どう対処しましたか?
質問の意図
挫折や失敗をした時、その挫折や失敗にどう向き合っていったのかを聞く事で職務適正の有無や主体性、ストレス耐性が分かる。また、どのような経験をしたのかによってその方の能力も推測できる。


●前職でご自身が成長したと実感した瞬間はありますか?また、それはどんな時でしたか?
質問の意図
自分自身の成長を自覚できる人は成長意欲のある人材であることが多い。また、そのような点にやりがいを感じる人材なのかも分かる


●辞めた理由は何ですか?
●前職ではどんな点に辛さ・不満を感じましたか?
質問の意図
人付き合い、仕事量、評価、理想と現実のギャップなど、何にストレスを感じやすいタイプなのかを知るための質問、この質問により希望している働き方についても知ることが出来る。また、同時にストレス解消法を持っているかも確かめておきたい


●そんな時のストレス解消法はありますか?
●次の職場に求めるものや、譲れない点はありますか?


〈転職するにあたって〉
●なぜ当社を選んだのですか?
●当社についてどの程度ご存知ですか?また、どのようなイメージをお持ちですか?
質問の意図
業界や会社についてどれくらい調べているかを確認するための質問。会社について自分なりの見解を持っている人は企業研究をしっかり行っている事が多い。


●○○さんが就職する業界について、どのような業界研究をしてきましたか?具体的に教えてください。
●他の応募者ではなく、あなたを採用するメリットは何だと思いますか?
質問の意図
他人と比べて何が優れているかストレートに聞いてみる。応募者の強みや特徴が分かることはもちろん、志望度の高低を把握することに役に立つ


●ご自身の強みは何ですか?その強みを当社の仕事のどういった所に活かせると思いますか?
質問の意図
入社後の適材適所を実現するうえで役に立つ質問。仕事に必要な能力と強みが合致した時最大のパフォーマンスが発揮されやすい


●どんな仕事に取り組んでみたいですか?
質問の意図
自分がこの会社に入社して働いている姿がイメージ出来るかどうかは重要だと考えています。


●それはなぜですか?
●働くうえであなたのモチベーションを高めるものは何ですか?また、何があなたのモチベーションを下げますか?
質問の意図
自分自身がモチベーションを高められる人材なのかを見極めるための質問。同時に募集職種とのマッチ度や上司との相性なども見る事が出来る


●どのような管理方法があなたのベストなパフォーマンスを引きだすと思いますか?
質問の意図
どのようなマネジメントスタイルを希望するかによってその方の資質や人柄を知ることが出来る。また、上司との相性も見ることが出来る


●1年後あなたはこの社内で何番になっていると思いますか?
質問の意図
上昇志向があるかどうかを確かめたいと思っています。本当になれるかどうかは別として「上を目指す」という意向を大切にしています。


●将来設計があれば教えてください。
質問の意図
仕事もプライベートも自分の将来に対してビジョンを持っている人の方が一つ一つ判断を正しく慎重に行えると考えているからです。


●将来に対して今後取り組んでみたい仕事はありますか?
●なぜそれに取り組みたいのですか?
●その分野の未来についてどう考えていますか?
●採用が決まった時、卒業する前にアルバイトとして入ることは出来ますか?
●素直にお伺いします。いくら稼ぎたいですか?その使い道は?
質問の意図
お金がすべてではありませんが明確な目標がある人は入社後に活躍するケースが多いため、数値目標を持っているかどうかを確かめることにしています。


●当社がお聞きしたい事は以上ですが、○○さんは当社に聞きたいことはありますか?