本文へスキップ

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは経営者の哲学>飲食店経営者の今後

飲食店経営者の今後HEADLINE

不景気の影響からか大手企業など力があるところがお客さんを呼ぶために激安プランを次々打ち出したことで外食産業は混乱状態になっています。

正直、お金に物を言わせて激安で勝負できるのは大企業だけです。

私たちのような個人店がそんなことをしたらどうなるかは、やる前からわかっています。
しかし、世の中の流れが値下げでお客さんを集客するのならウチも値下げして勝負するしかありませんでした。

あれっ!?

最初は来たけど、しばらくしたらお客さんが来なくなった

だったらさらに値下げして勝負しよう
今度はお客さんは来たけど利益が・・・

利益が出ないんだったら金額を戻そう。でも・・・

一度下げた値段を元に戻したら、お客さんが離れるんじゃないかと疑心暗鬼に陥りなかなか元に戻すことができず悪循環にはまったまま閉店に

激安プランの集客方法も時期が経てば経つほど効果は薄れます。

お客さんにとってはそれが当たり前になっていき何も感じなくなるからです。

いくら無理して大手企業と張り合っても自分の首を絞めるだけなのです。

あの繁盛店や大手企業に勝つには、そこより良い商品をより安く提供して接客力も今以上にして集客しようと考える時代は終わったのです。
商品・価格・接客だけの集客方法が通用したのは外食産業が発展途上の時であって、成熟した現代ではいくら3大要素を強化したところでお客さんは気づいてもくれませんし、来店目的にもつながりません。
それどころか、そんなこと当たり前と思っている人たちがほとんどだと思います。

では、そんな現代で成功するためにはどうしたらいいのかというと商品・価格・接客に
集客の戦術を加えるのです

数ある店から自分の店を選んでもらうためには集客する方法を知っていないとお客さんは来てくれません。
ましてや新規オープンのお店なら尚更宣伝しないとお店の存在にすら気づいてもらえず、そのまま閉店ということもあります。

集客方法を知らないということは、外灯のない真っ暗なところで呼び込みをしているようなものです。

知識が無いもしくは知ら無いということは、それぐらい恐ろしいことなのです。
しかし、集客方法さえ知っていれば暗闇から明るい場所へと出てくることができます。

ライバル店と”何が”が違うの?

なぜ、繁盛しているお店とそうでないお店があるのでしょうか?
理由の一つは飲食業界は参入障壁が低いため次々にライバルが現れるからです。しかし、人気が出れば多くの利益が残るビジネスでもありますが、成功している店舗経営者はごく一部で多くの方が苦しんでいます。

なぜなんでしょうか?

理由はいたって簡単です。

身近な所にA店とB店があったとします。両店とも集客には力を入れていてお互い新規客の獲得に成功していました。

しかし、A店は経営状態が厳しくB店は絶好調でした。
両店とも集客には成功しているのになぜ経営状態に差が出たのでしょうか?

実はA店はリピータ率20%だったのに対してB店はリピータ率80%だったのです。
つまりB店は一度来店してくれたお客さまに対して何回も再来店してもらう仕組みが出来ていたのです。

一方A店は集客できてることに満足しリピータにする努力を怠ったのです。

多くの店舗経営者が集客に苦労していると思いますが、その原因はリピータにするためのアフタフォローが出来ていないからです。
決して商品が良くなかったり、価格が高かったり、接客が悪かったからではないのです。

ではどのようにしたら良いのでしょうか?

それはリピータにする知識を付ければいいのです。

なぜ集客に悩み続けるのか

新規のお客さんを呼ぶ、リピーターに来てもらうはお店の永遠の課題と言われていますが、それはなぜなんでしょうか?

時代が変わるから?
お客さんのニーズが変わるから?

色々な理由がありますがほとんどの経営者に知識がないのが最大の原因です。

お客様を呼ぶための一般的な方法と言って出てくるのが
チラシ
雑誌
テレビ
ラジオ
クチコミ
ホームページ
広告業者(コンサルタント)に依頼

などがありますが、どれもが一時的な売上をもたらしてくれるだけで継続した売上をもたらしてくれるわけではありません。

仮にテレビに出たとしても反響は1週間から良くて1ヶ月位でしょう。1ヶ月過ぎると元に戻りまたお客さんをどのように呼ぶかに悩みだします。

このような方法でいくらやっても安定した売上を望むことはできません。
だからといって上記のやり方が間違っている訳でもありません。


集客には続きがあり、それは集客の本質とも言える方法なのです

広告業者(コンサルタント)が言えない(言わない)こととは

集客の先・・・それは一時的な利益しか与えない方法を教えている広告業者たちが知っていても絶対教えれない方法です。

広告業者は知っていても言いません。なぜなら、これを教えたら自分たちの顧客が減り利益が減るからです。それぐらいの効果があります。その方法を取り入れることで安定した売上が望めるようになります。

これは魔法の集客方法でもなんでもありません。ごく当たり前にいろいろな業種が取り入れているやり方です。現に広告業者たちも取り入れています。

しかし、この集客方法をやっている経営者は少ないです。
なぜなら目先の売上しか見えていないからです。先の先が見える経営者の人たちだけが取り入れて成功しています。

ちなみに広告業者が言えない方法をやって結果の一例です↓


こんな成功事例だけ見せられても私のお店に何の利益も無いよ・・・
と、言われそうです。
おそらく今あなたが一番気になっているのは
「私のお店の売り上げがいくらになった」ではなく、
具体的に「何をやっているか」のはずです。
下記に私が具体的に取り組んでいる事を実際の店舗名を実績数字を公表して集客方法を解説しているのでかなり参考になると思います。

飲食店の集客方法の本質とは