本文へスキップ

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは

【飲食店の集客方法】繁盛店の集客方法の本質とは 飲食業界について> 飲食業界の現状と課題

飲食店の現状と課題HEADLINE

外食産業の市場規模は平成9年に29兆円のピークを迎えた後、減少傾向にあり現在24兆円まで減少していますが、今も減少は続いています

しかしその一方で、店舗数は平成19年から約70万店舗と横ばい状態です。市場規模は減少しているのになぜ飲食店の店舗数も比例して減っていかないのでしょうか?

 

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授

参考図

店舗数が減らないということは単純に、顧客獲得がより一層厳しくなることが目に見えてわかります。
すでに、肌で実感している経営者の方も多いかと思います。

さらにここ数年で外食産業はさらに低迷し続けています。原因の一つとして金融機関の破綻が消費者の動きを鈍くしています。もうひとつの原因は外食の永遠のライバル中食です。

外食する時間がない。経済的にもそんな余裕がない等といったことからコンビニ、スーパー、デパートの地下街などでお惣菜を家庭で温めて食べるだけで済む中食に依存するようになってきているからです。

また、今後さらなる深刻的な問題となる少子化・高齢者社会で、どのように顧客として招き入れるかが店舗経営者の課題になっていきます。

これまでは若者を中心と考えてきた飲食業界も変革の時期を迎えています。

少子化は今後も進むことと考えられますから、共働きの家庭のニーズも高まっていますが、それぞれの働き方、家庭のあり方も多様化してきているので、どこまで多様化するニーズに対応できるかが今後の課題になっています。

飲食店経営の7割が赤字

飲食店で利益が出ているのは3割だけという事実をあなたは信じますか?
TKCの調査によると店全体で利益が出ているのが3割だけという衝撃的な統計が出ています。

実に7割の店が赤字なのです。

業種により黒字企業の割合に若干の差はありますが全体として3割しか黒字企業がありません。

ちなみにラーメン店は黒字企業の割合が多いいみたいです。(TKC集計)

TKCとは、「わが国の会計事務所の職域防衛と運命打開」と「地方公共団体の行政効率向上による住民福祉の増進」という極めて明確な事業目的を掲げ、昭和41年(1966年)に創業いたしました。以来一貫して、会計事務所と地方公共団体の2つの分野に専門特化した情報サービスを展開し、日本の情報産業界に独自の地位を築いて参りました

という企業です。

業界の7割が赤字と驚かされますがその原因としては、新規参入の条件が低いことが挙げられます。そのため競争が激化しているのです。しかし、その一方で出店すればすぐ繁盛すると思っている経営者が多く、ちょっとでも傾くとすぐ退場してしまう経営者もあとを立ちません。

夢と希望をもって開業している個人店の7割は開業後3年以内で廃業しているという厳しい現実があります。

開業後3年以内での廃業という厳しい現実

夢と希望を持って借金までして念願の自分の店をオープンさせたのにたった3年で廃業
いくら現実が厳しいからといっても厳しすぎます。

このような現代で飲食店をしようと思ったらやはり商品・価格・接客だけでは通用しないことが身にしみて感じさせられます。
今の時代は商品・価格・接客そして集客方法が必要不可決になっています。

しかし、どんな集客方法を取り入れたらいいのか分からないし、探す時間もお金もないという経営者がほとんどです。そんな経営者にとっておきの集客方法があります。

それは・・・「現在も営業中で実在するお店の集客ノウハウで、1ヶ月200万だった店が平均500万以上に、たった2年で年商を1836万円アップさせた実証済みの集客方法と集客ノウハウの全てを公開そして伝授します。」です。

どんな集客方法か簡単に言うと
いかにお客さんを呼んで、いかにリピーターにするかという方法です。

当たり前の集客方法と思われるかもしれませんが、この当たり前の事が出来ていないから7割の赤字店に入り3年以内で廃業してしまうのです。
お客さんを集客するためには何をしたらいいのか、もう一度初心に戻って考えてみてください。

成功する人になるためには

景気が低迷し不景気が続いていますが日本から飲食店が無くなる事が無いのは誰もが分かりますが、今ある飲食店がこの先もあるかは誰にも分かりません。
ただ、大手チェーンも含めて今後もかなりの店舗が無くなる事になるでしょう。

では、廃業する経営者とはどんな人のことでしょうか?

そんなことは飲食店を経営すればすぐに嫌というほど分かることですが、良い接客をし、良い商品を良い値段で提供したら繁盛する時代はもう終わっていることに気づかない経営者です。

しかし今でも頑固に「良い商品、良い価格」そして「俺」と言っている経営者はたくさんいますが、これからはそれだけでは生き残れない時代なのです。

なぜなら、良い商品、良い価格そして俺とかと言うレベルのお店はどこにでも存在するからです。

では、反対に長い間繁盛させている経営者の人とはどんな人なのでしょうか?

それは
商品・価格・接客そして集客方法を知っている経営者です。

商品・価格・接客のすべてを完璧にしていても売上が伸びず暇な月はあります。飲食店で言えば2月や11月がそうだと思います。
なぜなら何もイベント(行事ごと)が無いからです。1月なら新年会、3・4月なら歓送迎会そして12月なら忘年会など何かと人が自然と動く時期がありますが、2月はこれといったイベント事もなくお客さんの集客に多くの経営者は頭を悩ませていると思います。

しかし、だからと言って自分で色々と挑戦し集客方法を作ろうとしたら、かなりの費用と莫大な時間を使わなくてはいけませんが、多くの経営者にそんな費用と時間の余裕もありません。
どうしたらいいのだ?と悩むだけで何も出来ないまま日々の赤字が積み重なり閉店に追い込まれています。

しかし、頭のいい経営者は違います。自分でどうしたらいいのか分からないなら答えを知っている人を探し出します。

探し出したら真似するだけでいいからです。真似するだけなら自分で集客する方法を見つけ、それを実践し結果が出るまでの時間と費用が大幅に短縮されます。費用も時間も最小限で済ませる事が出来ます。。

真似る事!!それが成功させるための最短距離です。

成功の最短距離とは

成功している人を真似る?

しかし、どこの誰が自分たちの成功事例を教えてくれるのだろう?
そんなことしたらライバル店を増やして自分の首を絞めるだけではないか?

それがわかっていても集客ノウハウを教えてくる人を知っています。
そこには、どんな集客方法でどれくらいの結果が出たかまで教えてくれています。もし、集客に悩んでいるのなら見るだけでも参考になると思いますよ。

ちなみにこれから紹介するお店は1ヶ月の天井売上が600万円なのに200万円しか売上が無いお店でしたが、ある事をした事で2年で1ヶ月の平均売上げを500万円までにした方法です。

下記にあるお店の4年間の売り上げデータを掲載しています。

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授

ここで注目するのが9月に集客の本質というものを導入している事です。そこから売上がアップしていっています。売上を上げるカギを握っているのはこの集客の本質というものです。
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
実際の店舗名と実績数字を公表して集客方法を解説しているのでかなり参考になると思います。


集客方法や集客ノウハウを知るうえで 一番重要なのは”現在も実在している店の 集客ノウハウなのか”ということです

はじめまして、私は福岡でマキ場の丘、農家の一服という焼肉屋その他に居酒屋等の飲食店を15年以上経営してます(有)サンセイの山末成司と申します。

このたび自身が経営してます”マキ場の丘”と”農家の一服”の集客方法をお伝えする決心をしました。そこでより多くの飲食店経営者の方に知ってもらいたくホームページでお伝えする事にしました。

しかし、ホームページで集客方法を公開するという事はインターネットに数多く存在している詐欺的な情報商材と勘違いされると思い、思い切って私が経営しているお店の店名も一緒に公表する事にしました。
そもそも情報商材系のほとんどの情報は実際に存在しない店舗の話が殆どで、実名なんて明かしませんしコンサルタント会社や専門家ですら実際に店舗を持って無い方が大多数を占めています

昔店舗を営業していた等の集客方法は信用できません。なぜなら、儲かっている店舗を閉める方はいないはずだからです。今現在営業している方の集客方法こそが本物と私は思います。


私のお店の情報はホームページを見ていただければわかりますが、マキ場の丘は客席23テーブルの収容人数が82名で農家の一服は客席14テーブルの収容人数58名の焼肉食べ放題のお店になります。

収容人数が58名〜82名位となると売上も400万〜600万円以上ないと確実に赤字になる店舗です。そんなお店が1ヶ月たった200万しか売上がないという時期がありました。1ヶ月400万以上必要なお店の売上が200万・・・どういうことかはお分かりになると思いますが、当然上手くいくわけもなく借金を2000万円以上することになりました。

しかし私はそんなどん底の状態からたった2年で抜け出す事が出来たのです。
これがその証拠です。


私の集客ノウハウを公開していますので是非あなたの店にも取り入れてみてください。

私の集客方法には現在悩んでいる経営者様が「今」欲しい(必要)と思っている事を掲載しているからです。例えば・・・

  • 飲食店の8割以上がやっていない集客方法で現状の売上げを更にプラスにする事が出来るようになるからです。
  • 私が自分の店で15年間試し続け、現在は私のお店の生命線となっている集客方法だからです。
  • すでに私が15年の間、莫大な販促費を使った集客方法の為ローリスク、ハイリターンになるからです
  • 100名様限定でお伝えするとしたところ現在88名様の経営者様から指示を受けている内容だからです。
  • 最も標準的な集客方法なのにこの方法が普及していないのは飲食業界くらいのため他業種の集客方法を知る為にも迷われた時におススメ出来る内容だからです。


なぜそんな有益な集客ノウハウを 公開するの?

自身のお店の店名や情報を公開してまでなぜ集客方法を公開するのですか?
あなたにどんなメリットがあるのですか?

と言われるかもしれませんが、正直自身の生命線ともいえる集客方法とノウハウをお伝えすることに対して私にメリットはありません。

しかし情報を公開したからといってあなたが真剣に行動し継続して取り組んでいかなければ、どんな有益な集客方法でもあなたにもメリットはありません。

私の集客方法はけして特別な事をしているわけではありません。日々の積み重ね(継続力)があって初めて絶大な効果が出せる集客方法なのですから

目先だけをみた集客方法ではないということです。
私がお伝えする集客方法はあくまで毎月安定した売上にすることを目的とした方法なのですから。


そのため楽して儲けようと考えているのなら私の集客方法はあなたには適していません。何事も継続する事が大事だと知っている人だけに有益な集客ノウハウになります。

私はあなたに、私の集客ノウハウをお伝えしたとしても私にメリットがないと言いましたがデメリットもありません。なぜなら私には今までの日々の積み重ねが10年以上あるから仮にあなたにお伝えしたとしても私のお店に大きく影響を受けないからです。そう思えるラインまで行ったからお伝えする決心をしたのです。

でも、その集客ノウハウ 本当に信用できるの?

私は自身のお店の集客ノウハウを公開するためインフォトップという情報商材を販売しているサイトに登録しました。
このサイトでは色々なジャンルの情報商材が販売されています。
その中で飲食店の集客をタイトルにした商材は約20件ほど登録されていました。

でも、登録されていた情報のほとんどが集客ノウハウを教えると言っていますが、
どこのお店で使用している集客ノウハウかまでは教えていませんでした。
そのため実際に存在するお店で試したノウハウなのか疑問に思う所もあります。

購入者様もやはり情報商材で紹介している集客方法は詐欺商材と思われているのか騙されないようにしようと警戒している様に思われます。

そんな中で
私は実名を出し自身の店舗名とその情報を公開しているからみなさんが信用して購入されているのではないかと思います。ちなみにこれが公開している情報の一部です。
チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)

チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)

私はあなたの悩みを解決する事が出来ます。なぜなら・・・

・味には自信があるが、集客方法がわからない
・どんな販促を行えばいいのかわからない
・お客さんが一回きりの利用しかない(リピート化しない)
・平日にもっとお客さんを集客出来れば

といった飲食店共通の悩みを一つずつ解決していったことで最終的にどうやって売上を伸ばそうかといった悩みがなくなり、毎月安定した売上にすることに成功したからです。

そしてあなたも私の集客ノウハウを使用する事で集客の悩みが無くなり毎月安定した売上にする事が出来るようになります。

これからの飲食店には横の繋がりが必要だと思っています。
そのため店名を公開し更に無料で集客ノウハウも公開しようと思いましたが、あえて情報提供料として価格を設定させていただいています。

なぜ価格を設定したかと言うと、今まで無料で教えていましたが、”タダだからそのうちやってみるよ”と中身を見るだけで行動に移さない人が多かったからです。
私は本気で売上アップに取り組む方だけに教えたいと思っているからです。

だからあえて価格を付けましたが、仮に
私の集客ノウハウが全く役に立たないと判断されたら私としてはお役に立てなかったという事で不本意ではありますが全額返金いたします。         ※返金方法は下記に掲載しています。

万一返金に至った場合でも、
ご提供した教材は返品する必要はありません。あなたの物です。
そのまま持っていてください。いずれ必要になる時が来ます。


この保証によってあなたに与えられた選択肢は3つです。
・教材の内容を実行して大きな売上増を実現する。
・返金申請して無料で他店の情報を手に入れる。
・何も行動しないまま”なぜだ”と悩み続ける。
この3通りしかありません。

自身のお店の集客ノウハウを教えるのに返金の保証まですることが出来るのは、これが
飲食店の集客方法の本質だと絶対の自信があるからです。

これから私のお店がなぜ、どん底から這い上がる事が出来たのかを説明していきますので知りたい方だけしばしお付き合いください。

私の集客方法をお伝えする前に 知っておいてほしい事があります

あなたはこんな疑問を感じたことはありませんか?

「あの店とウチとでは何が違うんだ?」と、

同じような商品で同じような価格なのに、あの店は常にお客さんで賑わっているのにウチはお客さんを呼ぶことが出来ず閑古鳥なんだと、気になって偵察に行けばさらに疑問が増すばかり??

「やっぱりウチの方が良いじゃないか。なのになぜ??」

外食産業が成熟していない一昔までは商品・価格・接客の3大要素がしっかりしていれば大抵はお客さんを呼ぶことができ、繁盛店になっていました。
しかし、近年では外食産業もピークを迎え低下状況をたどっています。しかも、そんな状況下でも飲食店は増える一方。

生存競争がより激化している今、
商品・価格・接客だけではお客さんを呼び繁盛店にすることができなくなってきたのです。
なぜなら、この3大要素は今やどこの店もが持っておりお客さんを呼ぶ事が出来る強みではなくなったからです。

そのため、
現在繁盛しているお店はお客さんを呼ぶ方法を知っているから繁盛しているのです。

そしてもう一つ知っておいてほしい事は、あなたの献上金で笑いが止まらない集客業者の存在に気が付いているかということです?
冗談ではなく本当に笑っています。
なぜなら、飲食店を経営する多くの方が食材や料理の知識は豊富に持っていても、集客知識はほとんど持っていないからです。

ちなみにここでの業者とはコンサルタントやチラシ、FaxDM,新聞広告、雑誌広告、タウン誌、フリーペーパー、クーポンマガジン広告、テレビCM,ラジオCM、交通広告、インターネット広告等、お金を払って宣伝集客してもらう広告業者の事です。

あなたは知っていますか?

チラシなどの一般的な平均反応率が0.1%だということを

0.1%ということは仮に1000枚チラシを配ったとしても1枚しか返ってこない計算になります。
意外と多くの経営者がこのことを知りません。
そのため、
ちょっとそれらしいことを言われたらプロが言っているだから本当だろうと思い込んでしまいお金を出してしまうからです。

あなたのような知識のない顧客は絶対に逃がしません。
なぜなら、雑誌に掲載した。他店の成功事例を教えた、最近の飲食店の情報を教えた、繁盛させるアドバイスをちょっとするだけで何万円とお金をくれるのですから。

しかし、分かっていますか?
いくら業者から情報をもらってもあなたのお店に売上(利益)が増えるわけではないということに良くなったような気がしているだけなのです。

そして、なんでお客さんが来ないの?と尋ねても

「今は不景気だからどこの飲食店も厳しいですよ。」
「あなたのお店はその中でも良いほうですよ。」

と上手く誤魔化され何も分かっていない飲食店経営者はプロが言うのだからと納得してしまい相手のいいように踊らされてしまいます。

繁盛店・集客業者が知っていて教えないこととは

悪質な業者はいないと思いますが、集客の本質を話す業者もいません。
小手先の方法を教える業者ばかりです。たしかにお客さんを呼ぶための知識が無いから業者たちに頼るしかないのでしょうが、はっきり言ってお金のかけすぎです。

商売するうえで「知らない」ということは最大の損です。

あなたならわかるはずです。
集客も同じで知識がなければ業者の言いなりになってしまいます。
しかし、業者たちはあなたの店の売上アップさせることなど考えていません。
いかに自分たちとの契約期間を長くさせるかだけを考えています。

「繁盛店にするノウハウを教えました」
「広告に掲載しました」

「はい、お金をください」と言うだけです。

これが、永遠と続くのです。仮に毎月10万円を広告費にかけていたなら年間で120万円も無駄にしていることになります。120万円もあったらもっと色々なことができると思いませんか?

業者も120万円もくれる顧客を手放したくはないので、あの手この手でつなぎとめていきます。

では、繁盛店・業者たちが知っていて教えないこととは何なんでしょうか?
それは、
”業者が自分達に教えている集客方法には続きがある”ということです

それは集客の本質とも言うべき方法です。


しかも
その集客方法はごく当たり前に色々な業種で使用されている方法なのです。
さらには、この集客方法の平均反応率も当たり前に情報公開されているくらいです。

ちなみに
業者が言わない集客方法の平均反応率は
5〜15%だそうです

0.1%しかなかった反応率が15%に・・・
特別なことをするわけでもないのに最大で15倍の効果があるのです。

さきほどのチラシでいうと
1000枚で1枚しか回収できなかったのが15枚になるということです。10000枚なら150枚になります。
単純計算ですが単価3000円で1組平均3人としたら135万円も増えたことになります。


確かに100万円以上もの売上げを出す事が出来るなら知っていても教えれないですね。教えたら最後、自分達との契約が解除されお金が入ってこなくなるのですから

では、なぜ?

ここでちょっとした疑問が・・・?
では
なぜ統計データがあり、各業種が一般的に取り入れている方法を飲食業界が取り入れていないのか?ということです。

答えは簡単でした

外食産業の市場規模が29兆円・店舗数約70万店(ピーク時)と公表されていますが、店舗数の約8割は個人店が占めているからです。生存競争が激しい飲食業界で個人の飲食店同士の横の繋がりは殆ど無いといってもいいからです。

そのため、各店の経営者が独自のやり方で集客しているのが現状です。
他の業種では当たり前にされていても横の繋がりが殆ど無い飲食店で、この集客方法が浸透していくことが無いからです。

そのためごく一部の経営者達だけが使用し成功しているのです。(知っていても取り組んでいない経営者もたくさんいます)

私がどん底から抜け出した集客方法とは

私が出店したマキ場の丘は”郊外店”で農家の一服は”都心店”です。

場所が違えば客層やお客さんの価値観も違い、経営には苦労が絶えませんでしたが、運営が上手くいかず借金が2000万円以上になった原因はもう一つありました。

それは、立地条件です。

郊外店のマキ場の丘は席数23テーブルに対して一般的に必要な駐車場の台数は35台に対してお店には10台しかなく必要な駐車場台数の条件が満たせておらず
臨時の駐車場はお店から10分も離れた所にあります。

都心店の農家の一服はどこもかしこも飲食店だらけで、同業者だけでも徒歩圏内に10店舗以上あるような超激戦区となかなか厳しい状況に出店していたからです

そんな厳しい状況でも味・価格・接客に自信があったので上手くいくと思っていましたが、結局は借金生活・しかし私はそんなどん底の状態からたった2年でなぜ抜け出す事が出来たのでしょうか?

その方法は食材を良くした・単価を下げ激安店にした・接客を強化したとかではありません。ただ一つの集客方法を取り入れた事で不利な条件下からでも借金生活から抜け出す事が出来たのです。

その方法は至ってシンプルですが効果は絶大でした。
1ヶ月200万だったお店を平均500万以上の店にそして、たった2年で年商を約1900万円もアップさせることに成功したのですから。

その結果がこれです。↓

導入前 導入後1年目 導入後2年目 導入後3年目
1月 3,103,450 3,929,762 3,590,884 4,915,262
2月 2,122,920 3,952,415 3,929,198
5,146,450
3月 3,692,788 5,463,990
5,395,098
6,140,190
4月 3,073,939 4,424,595 5,642,550 5,645,330
5月 3,302,850 4,762,569 5,652,234 5,560,400
6月 3,439,606 4,102,334 5,323,740 5,295,400
7月 4,081,623 4,718,564 5,815,481 5,404,480
8月 3,356,605 4,804,583 5,692,760 5,861,340
9月 3,167,396
集客の本質導入
4,189,916

4,787,614
4,808,065
10月 4,263,261 4,131,484 4,518,529 4,756,780
11月 4,061,942 3,871,898 5,101,040 4,764,150
12月 4,900,494 5,027,798 6,483,300 5,957,940
平均 3,547,240

4,448,326
平均約100万アップ
5,161,036
売上平均500万達成
5,354,649
3年目以降は安定期に

※売上数字は1円単位まで事実を公表しています

集客の本質を導入前は平均350万円だった店が導入後1年で平均440万円、2年目で500万円と確実に売上を上げることに成功しています。
1ヶ月200万だった店が平均500万以上にたった2年で年商を1836万円アップさせた実証済みの集客方法と集客ノウハウを全て公開そして伝授します

1ヶ月200万だった店が平均500万以上にたった2年で年商を1836万円アップさせた実証済みの集客方法と集客ノウハウを全て公開そして伝授します

1ヶ月200万だった店が平均500万以上にたった2年で年商を1836万円アップさせた実証済みの集客方法と集客ノウハウを全て公開そして伝授します

では、何をやればいいの?

おそらく今あなたが気になっているのは
「私のお店の売り上げがいくらになった」ではなく、
具体的に「何をやっているか」ですよね。

私は何でも難しく考えるから先に進めないと思っています。
だから簡単に考えることにしています。

繁盛店にするにはどうすればいいのか?

それは、

いかにお客さんをよんで、いかにリピーターにするか
なのです

私は、たったこれだけの
スペシャリストになった事で繁盛店にすることに成功しました。

「そんなこと今更言われなくても知っているよ」と言われそうですが、
だったらなぜ、まだ悩んでいるのでしょうか?
それはあなたが今でも間違った方法でやっているからじゃないでしょうか?

では、どうすればいいのでしょうか?

チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)

どうですか・・・?
この3つの手順は飲食店を経営する人なら誰もが知っていることだと思いませんか?

そうなんです。ごくごく当たり前のことなんですが、昔も今もこのことが上手く出来ずに悩んでいる経営者の方がたくさんいます。
なぜなら、この3つの手順をただ漠然としているだけで中身の本質に気づいていないからです。

私はこの3つの手順の本質に気がついたからこそ2年という短い期間で年商を約1900万円もアップさせることに成功する事が出来たのです。

あなたもたった3つの当たり前の集客方法の本質を知る事で、確かな売上アップを手に入れる事が出来ます。そしてただアップするだけではなくアップした売上を毎月安定して手に入れる事が出来るようになります。

今から私が実践している方法を少し教えます。
これだけでもやり方次第で数十万円の売り上げを増やす事が出来ます。

それは・・・

なぜあなたのお店に行かないといけないの?

それは○○だからです。


の○○を解決してあげれば上手く集客出来、売上が上がります。

もっと簡単に言うと
来店するきっかけを作ってあげればいいのです。
新規客もリピータ客もお店に行くきっかけが無いから来店しないだけで、来店するきっかけをお店側から作ってあげれば売上は自然とアップします。

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、たったこれだけが大きいのです。

ちなみにこれが私が折込チラシやポスティングをした時に実際に使用したチラシです。

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授

何の変哲のないどこにでもあるチラシですが、来店するきっかけを黒く塗りつぶした所に掲載しただけで折込チラシの一般反応率を18倍、ポスティングなら47倍アップさせることが出来ました。そして裏面には来店者を100%リピーターにすることが出来る内容を記載しています。(裏面はさすがに企業秘密なのでここでは公表できません<(_ _)>)


もしかしたら、このヒントだけで何かをつかみ数十万どころか数百万の売上アップに成功する人もいるかもしれませんね(^−^)

それにはまず、今持っている色々な知識をリセットしてください。
そうしないと今までの知識が邪魔をして先に進めないからです。

そしてリセットできたら、
いかにお客さんをよんで、いかにリピーターにするかだけに集中してください。

たったそれだけのことに全神経を使えば最終的にすべてがかみ合います。
それがこの結果を生み出したんです。

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授
もう一度言います。
上記の売上げにするためにしたことは、いかにお客さんをよんで、いかにリピーターにしたかだけです。

集客の本質を取り入れた以外は特別な事をしたわけではありません。
例えば、新規のお客さんを呼ぶ時は一般的に知られている集客方法を使います。
ただ、従来通りでは反応がほとんど無いのでそこに独自のノウハウを加えることで人数と売上を上げます。そして次に常連客へとしていきます。

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授

もっと分かりやすくするとこんな感じです

チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)

チラシの集客反応率の統計結果(折込チラシ、ポスティング等)・・・と、いくつかのパターンの集客方法を取り入れそのトータルで約360万円上乗せする事に成功したことで目標を達成しましたが、上記の画像だけ見ると一般のやり方の反応率を上げたから売上アップに成功したと思われますが、反応率が上がったのはノウハウの力で本当に重要視するのは集客の本質の方です。

集客の本質があって初めて上記の売上と反応率を出す事が出来るのです。


本質を理解せずにノウハウだけでやっても今までと何も変わらず、その場凌ぎで売上が一時的に上がるだけで次に繋がらず、何年も安定した結果は出せません。
私がお伝えする集客方法はあくまで毎月安定した売上げにすることを目的とした集客方法です。

集客の本質とノウハウの両方があって初めて最大限の効果を発揮する事が出来、繁盛店にすることが出来るのです。

つまり、これからの時代
商品・価格・接客がいくら良くてもお客さんをよぶ方法を知らなければ
広告に高いお金をかけて集客してもリピーターにするノウハウがなければ


潰れるだけなのですから

もう一度言います
繁盛店にする条件はいかにお客さんをよんで、いかにリピーターにするかなのです。
私はその方法を知っているから今でもお店を営業することが出来ています。

売上を確実に上げる具体的な方法と 上げた売上を維持する具体的なノウハウを 教えます

私はとてもシンプルな方法を使用しています。
しかも、この方法を使えば毎月どうやって前年比をクリアーしようかと悩むことがなくなりました。
そんなに便利ならきっと作業内容が複雑と思うかもしれませんが、とてもシンプルで簡単な方法です。
仕組みさえ理解したらアルバイトでもできるような作業内容です
実際、私は仕組みだけ作りあとはアルバイトに任せています。
アルバイトも30分もかからずやり方を覚えました。
アルバイトが毎月200万円以上の売上を作ってくれています。

一から物事を始めたら莫大な時間と費用を使ってしまいますが、すでに私が15年以上の歳月をかけ作り出した集客ノウハウがあります。
あなたはただ私がやったやり方を参考にしたり、そっくり真似するだけでいいのです。

そして、行き当たりばったりからの経営からサヨナラしてください。

私は自身の集客方法で
10年以上売上を安定させています。そしてこれからも安定していくでしょう。

本文に書いてある内容の一部を紹介しますが、大きく分けると6項目になりま。

@、まず最初になぜ集客の本質を取り入れないといけないかを知り 取り入れた事であなたにもらたる効果を知ってもらいます


・飲食店ではなぜかあまり取り組んでいない集客の本質とは
・・・飲食業界以外は当たり前のように取り組んでいますが、飲食店ではごく一部の店でしか取り組んでいません。しかしその効果は絶大です。
・なぜ業者が顧客に言わない(言えない)のか?
・・・集客の本質を取り入れると自分たちと契約する必要がなくなるからです。
・本質を取り入れる目的とは
・・・一時的な売上アップからサヨナラするためです。そして安定した売上を手にするためです。
・本質の効果とは
・・・効果は上記で記入したとおりで1ヶ月200万から500万にアップさせた方法です。
・本質でやることとは
・・・リピーター率を上げることと、来店頻度を増やす事など、これだけです。
・誰でもできる集客の本質とは?
・・・アルバイトでも出来るやり方なのに売上が500万に
・売上アップは当然として2年、3年と売上を継続していくためには
・・・継続は力なり。集客の本質とは安定した売上にする事を目的に取り組んでいます。
・お客さんを簡単にリピーターにする方法
・・・リピーターにするために難しく考えることはないのです。シンプルな考え方でいいのです。私の店ではある1つのことを目的に取り組んでいます。
・お客さんを自動的に増やす方法とは
・・・自動的に増やす?そんな夢みたいなこと・・・ 出来るんです。私のお店はお客さんが自動的に増えます。

A、成功するためにはまず”なぜうまくいかないのか”の原因を知ってもらいます そうすることで”何をしたらいいのか”を理解してもらいます


・店に立ち寄らないお客さんの心理とは
・・・お客さんがあなたの店に来ない理由はは○○がないからです。
・お客さんが来ない本当の理由

・・・お客さんが来ないのは料理が不味かったから?接客が悪かったから?確かに不味かったり接客が悪ければ再来店はありませんが本当の理由は違います。本当の理由を知ればお客さんを集客できます。
・経営者とお客の認識のずれとは
・2回目の来店がない理由とは
・・・会計の時「また来るね」とよく言われるのだけど、なかなか来ないな・・・それはあなたが○○をしていなかったからです。

・いくら集客しても結果が得られない明確な理由とは?
・・・一時的な集客方法を使用しても意味がありません。集客する意味を理解してから行動しないと次に繋がりません
・ほとんどの飲食店が勘違いしているあること
・・・飲食店経営者が自分たちの勘違いに気づかないと本当の繁盛店にはなりません。
・現代の飲食店に求められているものとは
・飲食店の変わらない体質とは
・・・○○をしていたら繁盛する。この考えでは地獄を見ます。
・なぜ繁盛店を真似しても繁盛店にならないのか?
・・・繁盛店を真似するだけではまだ足りないということです。そこに○○○○が必要なんです。
・経営を圧迫させるあなたの思考とは
・・・ワンマン経営者・職人肌経営者が特に多く持っている思考です。
・売上が下がる悪循環サイクルとは
・・・売上が下がると必ずしてしまう○○がさらなる悲劇を呼びます。
・最悪な経営者のとる行動とは
・右肩下がりのお店の共通点とは
・・・開業から3年以内で8割のお店が廃業といわれる時代のなか、廃業8割のお店のほとんどに共通点があります。
・知識のない経営者の行き先とは
・・・知識のない経営者のほとんどが、ある悪循環の法則の中にいます。

B、成功するための明確なビジョンを立てる 思考回路を身につけてもらいます

・問題を簡単に解決する方法とは
・・・頭の中で考えてもごちゃごちゃになるだけでまとまらないものです。解決するためには○○をすることです。
・目標達成を簡単にする方法

・・・毎日、毎日ただ繁盛店にと思っているだけで繁盛店にはなりません。繁盛店にするためには順番があります。
・売上を上げる好循環サイクルとは
・・・売上を上げていき安定させていくためにすることは同じことをやっていく継続力です。継続するためのサイクルを作ることで毎月安定した売り上げが望めるようになります。
・儲ける仕組みの作り方
・・・仮に私の集客方法をこのホームページだけでわかったとしても、うまく儲ける仕組みを作らなければ何の意味もありません
・出来る経営者になるためには

C、一般反応率を大幅に上げるためにしておかないといけない事


・あなたのお店の売上げを加速的に上げる方法とは
・・・ちまちまやってもしょうがない。思い切ってやる。そしてその先に○○がある
・広告宣伝をする本当の目的とは
・・・ほとんどの経営者は広告宣伝をする目的はお客さんをお店に呼ぶことと思っていますが、実は違います。本当の目的を知っていれば宣伝方法が変わります。
・雑誌・フリーペーパーを見る人の心理と行動
・・・雑誌やフリーペーパーを見る人には大概同じ共通点があります。そのことを理解していればフリーペーパー等も戦力になります。
・新聞折込の致命的な欠点と改善策とは
・・・折込チラシの欠点の一つは反応率が0.1%ということです。しかし○○をすることで反応率は上がります。
・効果の薄い折込みチラシ、ポスティングの反応率を一般反応率より上げる方法
・・・折込み等はするもんじゃないと、よく言われますがそれはやり方が悪いだけできちんとしたやり方をすれば反応率は上がります。
・販促活動をする時の鉄則とは
・・・販促をする時に欠かさずやらないといけない事があります。それをしないと効果が減ります
・広告宣伝する前に絶対にしておかないといけない事とは
・・・○○をして広告宣伝するのと、しないで広告宣伝するのでは大きく違います。
・集客の出来るチラシの作り方とは
・・・チラシとは相手との心理戦です。相手の心理とは
・知識のない人が作ったチラシの効果はゼロ
・・・”ワンドリンクサービス”この特典でどれだけ来店があるのでしょうか?いい加減気づきましょう
・フリーペーパーの盲点とは
・・・あたなは広告業者のいいなりになっていませんか?そこには大きな落とし穴があります。
・チラシのデメリットとは
・・・デメリットと言われたあなたは何が思い浮かびますか?それが改善できたから私のチラシの反応率は上がりました
・チラシがごみ箱に捨てられてしまう単純な理由とは?
・・・難しく考えるところではありません。あなたがいつもしている行動です。しかし○○をすることでゴミ箱行きが大幅に減ります。
・新規客が一般反応率より獲得できる集客ノウハウとは
・・・心理戦で勝ったチラシだけがお客さんを呼ぶことが出来るのです。そのチラシ術を公開

D、では思う存分売上をコントロールして下さい 私が売上をアップさせた方法をすべて書いています

・平日の売り上げを100万アップさせた方法
・来店客の8割をリピーターにするには
・お客さんを自動的に増やす方法とは
・チラシの反応率を70倍にした題名とは
・10年以上お店の売上げを安定させている戦術とは
・一般反応率の18倍を出した折込チラシの作り方とは
・一般反応率の18倍を出した折込チラシの配り方とは
・折込チラシでの来店者を100%リピーターにする方法
・一般反応率の47倍を出したポスティングチラシの作り方とは
・一般反応率の47倍を出したポスティングチラシの配り方とは
・ポスティングチラシでの来店者を100%リピーターにするためには
・反応率を5倍にした有効期限の作り方とは
・人間の心理を読んだキャッチコピーの作り方は
・お客を引きずりこむ驚愕のチラシ術とは
・ターゲット地域にくまなくチラシを配る方法とは
・タダで自分のチラシを2万枚配ったテクニックとは
・折込チラシのマル秘テクとは
・チラシを確実に見てもらうテクニックとは
・チラシの効率のよい配り方とは
・思い切った宣伝文句で集客効果を上げる
・有効期限の付け方で売り上げが大きく変わる
・プリーペーパーの上手な掲載の仕方とは
・営業のマル秘テクとは
・宴会等の利用頻度を増やした非常識なやり方
・DM回収率を20%〜50%にした方法
・無料でテレビに出る事が出来るやり方とは
・行列を意図的に作る方法とは
・超速効性のある集客方法とは
・反応率を4倍以上にしたDMとは
・絶大な集客効果を発揮するキャッチフレーズとは
・コンサルタントの笑える机上ノウハウとは
・黙っててもお客が営業マンになり儲ける方法とは

E、お客さんあってのお店です ちょっとしたことでも特別感を出す事が出来ます


・今や手に入らない食材がないくらい流通は充実しています。そこで差をつけるためには
・・・お客さんに商品を売るな○○を売れなんです。
・あなたの店の4番打者とは
・商品の美味しさをワンランクアップさせる方法とは
・・・ちょっとした事で同じ商品が劇的に美味しくなる方法です

など127ページほどにまとめています。

無駄な時間を使わず成功を手に入れてください

今回私の集客知識をお伝えしようと思ったきっかけは、一生懸命頑張っている私達のような個人店がなぜ、世の中の景気や大手チェーン店などに振り回されないといけないのだと感じたからです。実際私のお店の近くにも大手チェーン店が参入してきたことで閉店を余儀なくされたお店があります。
日々地道に頑張ってきたのに一瞬でお店は閑古鳥に、あまりに理不尽じゃないですか?
仮に勝負しても体力(財力)で負けます。

だったら、私たちのようなお店が大手チェーン店と張り合うには努力と知識で勝負するしかありません。
努力だけでは成功しないのです。
知恵がつき努力することでどこにも負けないお店が作れるのです。


1月7日テレビ東京放送のカンブリア宮殿でプロ野球界の名将こと野村克也元監督がこのような発言をしています。


”体力””気力”は当たり前 ”知力”で戦うのがプロ

プロ野球の世界で体力、気力は全選手が持っており、その中からトップになるには知力が必要だと言っています。

体力・気力は私達で言う”商品””接客””価格”ですが、この3つはどこのお店も持っている当たり前の事で”知力”の”集客ノウハウ”が他店と競争していくには絶対条件で必要だということです。

私にも出来ました。
きっとあなたにも出来るはずです。
最初にも言いましたが駐車場がお店から10分も離れたところにあるような店や、近くに同業者がたくさんいるようなお店です。

それでもお客さんを呼びリピーターにする事が出来た集客方法です。

今回、暴露しようとしている集客方法を知り合いの飲食店経営者に教えたら、
「本当にこれを教えるの?他の人には教えないでほしいのだけど・・・」
と言われました。この方法を教えたらどうなるかそれくらい自分にもわかります(すでにこのページでかなり教えています(笑))
近くにライバル店を増やすことになるでしょう。
それでも構いません

私が自己破産寸前まで追い込まれた時にもできた方法です。
そして、その後独自に検証していったノウハウもお伝えします。

正直、自店の生命線となるノウハウなので100万円以上でも安いくらいと思っていますが販売価格をあえて21000円にしようと思います。

私は、これからの飲食店には横の繋がりが大事だと思っています。
だから教える決心をしたのです。
しかし21000円と価格を設定したのは、ただ単に多くの人に知ってもらうつもりがないからです。

なぜなら仮に無料で教えても中身を見るだけで行動に移さないからです。
私は本気で売上アップに取り組む方だけに教えたいと思っています。

この金額は、あなたが莫大な時間と費用をかけずに成功を手に入れる価格だと思って下さい。

1ヶ月200万だった店が平均500万以上に!!
たった2年で年商を1836万円もアップさせた
実証済みの集客方法とノウハウを
に特別価格で公開します


※画像はイメージです
ダウンロード版:PDF127ページ もしくは 印刷版:127ページ
販売価格21000円
※いち早く私のホームページを見つけ、私の集客ノウハウに共感していただけた
限定100名様に特別価格の21000円で公開しております。
そのため販売数に達したらこのホームページは閉じます
是非この機会に試してみてください。


お申し込みはこちらから


電話でのご注文はこちら


【お問い合わせ】私の集客ノウハウに興味がありましたら何でも聞いてください


特定商取引に関する表記を必ずご確認の上、お申し込みください

飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授飲食店を繁盛させるための集客方法と集客ノウハウを伝授

横のつながりを大事にしたい だから集客業者には不可能なお約束をします

本気で売上アップしたいと考えている。
でも、本当にこのやり方で売上アップが実現するのだろうか・・・?

21000円も出すのはちょっと不安があると思われるかもしれません。
そこで本気で売上アップを考えているあなたに約束します。

それは返金保証です。

60日間しっかり教材の中の集客方法をノウハウ通り実践しても“集客”が全く出来なかった場合、購入日から90日以内にご連絡いただければ全額返金いたします。

自分のお店の集客方法・ノウハウをなぜリスクを背負って教えるのに、更に返金保証まで出来るのか?それは・・・

集客に絶対の自信があり詐欺師ではないからです

万一返金に至った場合でも、このマニュアルを返品する必要はありません。
そのまま持っていてください。いずれ役に立ちます。

この保証によってあなたに与えられた選択肢は3つです。
・教材の内容を実行して大きな売上増を実現する。
・返金申請して無料で他店の情報を手に入れる。
・何も行動しないまま”なぜだ”と悩み続ける。
この3通りしかありません。

もう一度言わせていただきます。
自身のお店の集客ノウハウを教えるのに返金の保証まですることが出来るのは、これが
飲食店の集客方法の本質だと絶対の自信があるからです。

【返品手順・返金条件】
返品に関してはメールにて返品要請をして下さい。
その際【返金希望】と明記のうえご購入者様のお名前(フルネーム)とご購入時のメールアドレスをご記載頂いたうえ、実際に教材に書いてある方法を実践した証拠(原本データもしくは原本画像)、実践結果(集計データや反応率)4点以上を以下のメールアドレスに一緒に提出してください。

Mail:kyoumo-manseki@apost.plala.or.jp

教材通りに本気で取り組んだことが確認できれば30日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。(振込手数料はお客様のご負担となります。)
ただ【読んだだけの方】には返金は致しません。
私はお店も公開して本気でお伝えしているのであなたも本気で取り組んで下さい。

追伸
長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。
私はこの集客方法を始めたことで人生が変わりましたが、やってみることができたのは、考え方が変わったからです。

そんな時に私はある1つの名言を見つけました。

心が変われば   態度が変わる
態度が変われば  行動が変わる
行動が変われば  習慣が変わる
習慣が変われば  人格が変わる
人格が変われば  運命が変わる
運命が変われば  人生が変わる

これからの人生が変わるかはあなたの”心”(考え方)次第です。

(有)サンセイ  山末 成司

気になるQ&A

Q,本当にマキ場の丘と農家の一服はあなたのお店ですか?

A,正真正銘私が経営するお店です。どうしても気になるようでしたら連絡してみてください。連絡先はこちらに掲載しています

Q,特定商取引法で掲載されている販売者が経営者の山末成司でなく安藤雄一と別の方になっているのはなぜですか?

A,紹介文の初めの方でもお伝えしていますが、私自身がお店に立つ事が無くなりました。すべてのお店の管理運営を安藤雄一という従業員に任せています。
そのため、集客方法の紹介も彼に任せています

Q,このホームページで紹介されている数字は事実なのですか?

A,事実です。何一つ隠さずお伝えしています。ホームページで集客方法を紹介しようと決めた時に他の詐欺商材と一緒にされたくなかったから自店の本当の数字を掲載しようと決めました。

Q,本当に21000円の価値があるの?

A,少なくとも私は21000円以上の価値があると思っています。
なぜなら、私のお店ではこの方法で毎月200万以上の売上を得ています


Q,すぐ効果が出るの?

A,すぐに効果の出る方法も掲載しています。そちらから取り組めば効果があると思います。しかし最後まで読み取り組んだほうがより良い結果が得られると思います。
なぜなら1つの目的に向かって取り組んでいる集客方法だからです。


Q,購入したら売上が上がるの?

A,売上が上がる可能性はあります。
しかし、行動するのは”あなた”であって”私”ではありません。
あなたがきちんと理解し努力すれば売上は上がると思います。しかし、売上が上がったからといって慢心して商品や接客の手を抜いていったら、いくら私の集客方法でも売上は下がります。お客様あっての商売です。商売するうえでの大事なことを忘れなければ大丈夫です。